スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久米島視察

2月20日、21日と久米島視察に行きました。

久米島の色彩豊かな紬と伝統工芸に取り組む人々。

美しいです。

kumejima tsurugi


久米島視察

沖縄タイムス 記者のメモ

2月23日の沖縄タイムスの記者のメモから

絣ではなく、紬なのですが…(^^;

タイムス・記者のメモ

県議会代表質問に立つ

ハイサイ! グスーヨー・チューウガナビラ!


6・23慰霊の日からブログの更新をしていない。


毎日が忙しい。理由は、7月から社民党県連の書記長に就いたからである。


沖縄に米軍専用の75%近くが押しつけられているため、基地から派生する事件、事故が頻発する。そのために、沖縄防衛局に抗議するために行く事が多い。


最近は、連日、オスプレイ配備阻止の7時からの行動に参加している。


県議会も9月19日に定例会が開会した。今回は、社民・護憲会派を代表して代表質問に立った。質問前文を書き過ぎて、原稿に書いてある内容をかなりカットして、後半は質問事項だけを読み上げた。残り時間、たったの2秒しか残らなかった。

 
会場から「時間ないぞ!」、「急げ!」と、議場の与野党議員がはやしたて、応援していただいた。
ありがとうございます。


同僚議員達からは冷汗をかいた、と言われた。
もちろん僕も冷汗をかいていたが、楽しく質問させていただいた。ご協力に重々、感謝!!


質問内容は、沖縄県議会ホームページを見ていただきたい。ヨロシク、お願いします。


瑞慶覧長方先生から琉歌をいただき、質問の冒頭でご紹介しましたので掲載します。


 口や民主主義 肝(チム)や殺人機
 許るち許さらん 日米の政府  

6・23慰霊の日に思う

DSCF1490_convert_20120624200125.jpg
                       魂魄の塔↑

DSCF1495_convert_20120624200227.jpg
                     糸満市糸州の慰霊の塔↑



昨日、戦後67年目の慰霊の日を迎えた。私は、正午前に魂魄の塔で人をかき分けながら焼香した。


ここ魂魄の塔で手を合わせる人達は遺族か、その関係者が大半かもしれない。


重箱に、いっぱいウチナー料理のごちそうを詰め、香をたきながら手を合わせる老女の姿を見ると、何とも言い難くつらい気持ちになった。


恐らく米須一帯の山野か南部の地で亡くなり、遺骨を拾えなかった遺族はこの魂魄の塔に来るのだろう。


非戦の誓いのために参拝する者も多い。私もその1人である。


その後、糸満市糸州の積徳女学校最後の従軍の地、ガマに行き焼香した。


小さい花束が2つと、毛糸のまりが1コ祀られていた。ほとんどの人が立ち寄った様子を感じなかった。焼香の跡もなかった。


次に、豊見城城址公園内にある同じく積徳女学校の女子学徒が最初に従軍した防空壕と慰霊碑に行って焼香した。ここもひっそり感がして人の気配もなく、焼香の跡もなかった。


今は廃園になっている城址公園だが、慰霊の日は開放していた。城址の管理者に感謝した。


最後に字豊見城と小禄に接する海軍慰霊の塔に行った。ここは、修学旅行生や、観光客でにぎわっていた。


私も久々に資料展示室で当時の遺品や、証言録などを見てから帰った。


近年、遺族が段々と高齢化して慰霊の塔の管理が問題になっている。悩ましい問題であるが、県が管理するのが望ましい。


ただ代をつないで若い人達に戦争体験を語りつぐためにも、ボランティアによる清掃作業などへの参加を促したい。


私も10年程前までは、慰霊の日の前に清掃作業に参加していたが、今は中断しているので来年からは知人の従軍看護婦の慰霊の塔の清掃作業に参加することとしたい。


                           2012年6月23日  慰霊の日 後記



DSCF1497_convert_20120624200323.jpg
                   豊見城城址公園内の慰霊の塔                
DSCF1500_convert_20120624200405.jpg
                   

5・15本土復帰40周年に思う

丁度、40年前の5月15日は、どしゃ降りであった。私は、この日を屈辱の日として、今でも自らの全身全霊に深く刻み込んでいる。


5月15日が屈辱の日として刻み込んでいる理由は、今日の沖縄に対する日、日米両政府の米軍基地押しつけを見れば誰の目にも明らかなはずである。


昨日、復帰記念式典が行われた。ラジオで上原康助元沖縄開発庁長官、衆議院議員の挨拶を聞いた。今日の沖縄の現状と、日米両政府の沖縄政策に義憤を込めた上原節であった。今日の民主党誕生の功労者でもある同氏は、無念残念であるに違いない。


当時、私は沖縄返還協定そのものが、県民の本土復帰の願いを逆手に取った、新たな日米安保体制への再編だと強く主張してきた1人である。


私は、沖縄の軍事植民地状況からの脱却を目指す闘いをこれからも続ける決意を5月15日の日に再決意をする。
プロフィール

にった宜明

Author:にった宜明
【おいたち】
◆糸満市出身、兼城小・中学校・糸満高校を経て日大法学部中退
 
【職歴】
◆島尻・中頭郡農業共済組合
◆沖縄県町村議会議長会
◆豊見城村役所

【地域活動歴】
◆豊見城団地自治会副会長
◆豊西団地自治会副会長

【労働運動歴】
◆労働金庫本店南部地区常任推進委員長
◆豊見城村職員労働組合執行委員長
◆自治労沖縄県本部副委員長

【政治活動歴】
◆豊見城市議会議員4期
◆沖縄県議会議員1期
◆自治労県本部特別執行委員・議員懇談会会長
◆社民党県連書記長・南部総支部長

【座右の銘】
◆愚公、山を移す

【趣味】
◆囲碁、釣り

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。